[記事公開日]2015/11/15

【GoogleXMLsitemap】サーチコンソールへXMLサイトマップを登録する方法

XMlsitemapは作成してますでしょうか?

 

XMLsitemapはいわゆるサイトマップのことなのですが、これはブログの

訪問者がブログ内で迷わない為にも、検索エンジンのクローラーに

スムーズに巡回してもらう為にも、大切になってきます。

 

今回はワードプレスを使っている方向けに、GoogleXMLsitemapsの

プラグインを使ったXMLsitemapの自動生成とサーチコンソールへの

登録までを解説していきます。

 

GoogleXMLsitemapsのプラグインをインストールする

ワードプレスを立ち上げ左の操作パネルにあるプラグインにカーソルを

合わせると、吹き出しが出てきます。

その中の「新規追加」をクリックします。

 

xml

 

新規追加をクリックして表示された画面の右上の検索窓の中に

「google xml sitemaps」と入力して検索します。

 

xml1

 

検索結果の中から、「Google XML Sitemaps」を探します。

下の画像の赤枠で囲った部分をクリックして、インストールを行います。

 

xml2

 

インストールが完了したら、プラグインの有効化を行いましょう。

プラグインの有効化が出来れば、これでインストールは完了です。

 

続いてはサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)へのサイトマップの

送信を行います。

 

サイトマップの送信の前にサーチコンソールへのサイト登録がまだの方は

先にサイトの登録をすましておく必要があります。

 

こちらの記事を参考にサーチコンソールへの登録を行ってみてください。
サーチコンソール(旧ウェブマスターツール)へのサイト登録

 

GoogleXMLsitemapsで生成したサイトマップをサーチコンソールに登録する

GoogleXMLsitemapsのインストールが完了したら、

ワードプレスの操作パネルにある設定から「XML-sitemap」をクリックします。

xml3

xml4

 

下の図はGoogleXMLsitemapsの設定画面です。

赤枠で囲った部分の「sitemap.xml」をコピーしておきます。

 

xml9

 

「sitemap.xml」をコピーしたら、サーチコンソールのを開き

サイトマップを送信するサイトのダッシュボードを開きます。

 

14

 

ダッシュボードを開いたら、下の画像のクロールをクリックします。

表示されたカテゴリのサイトマップをクリックします。

 

xml6

 

サイトマップをクリックして表示された画面の右上のサイトマップの送信テスト(①)を

クリックします。続いて②の赤枠の中に先ほどコピーした「sitemap.xml」を

貼り付けます。最後に③のでサイトマップの送信をしたら完了です。

 

xml8

 

まとめ

以上がGoogle XML Sitemapsのプラグインを活用した

sitemapの送信手順になります。サイトマップを送信したからと言って

クローラーが頻繁に巡回してくれる様になるわけではありません。

 

サーチコンソール(旧ウェブマスターツール)へのサイト登録の記事でも

ご紹介してますように、ブログ解説初期はフェッチアズグーグルの機能も

活用して、積極的にクローラーを呼びましょう。

 

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームよりご連絡ください

些細な事でも構いません。お気軽にご連絡ください。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

頂いたコメントは気づき次第、回答いたします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ