[記事公開日]2015/12/10

特化型トレンドブログアフィリエイトに必要なライバルリサーチとお宝キーワードの見つけ方

どうも、カズマです、

アフィリエイトは何も知らない初心者の人でも、すぐに稼げることがあります。反対にいつまで経っても稼げない人もいます。

その最大の違いは「ライバルリサーチができているか?」だと思います。

つまりアフィリエイトはライバルが少ない市場を狙うことができれば、誰でも稼げてしまうんです。前者の場合はたまたまライバルの少ないキーワードを引き当てただけです。

そのたまたまをより確実にしていくのが、ライバルリサーチになります。

では、そのライバルリサーチをどのようにやっていくのか?何故ライバルリサーチが必要なのかをもう少し詳しく見ていきたいと思います。

ライバルに勝つためにも、ライバルと競合しないためにも、今回の記事を参考にして頂ければと思います。

 

何故、ライバルリサーチが必要なのか?

ブログには明確に強さというものが存在します。初心者に限らず、新しく立ち上げたブログは例外なく弱いです。人間でいうならば、生まれたての赤ちゃんのような感じです。

そんなうぶごえを上げたばかりのブログで、屈強なライバルに挑むのは無謀ともいえる行為になります。上位表示すらされないのも無理はないです。

ドラクエで例えるとスライムも倒せない状態で、ラスボスに挑むようなもの。

つまりライバルリサーチは自分のレベルを把握し勝そうな相手を選び、確実にブログを育てるための手段の一つなります。

 

ブログを効率良く育てるためにはライバルリサーチが鍵

記事を更新するだけでもブログは育ちます。しかし、これだけでは得られる経験値が圧倒的に足りないです。

ブログが育つには大きく分けて以下の2通りがあります。

  1. 記事数を増やして育てる
  2. アクセスを集めて育てる

「ブログ記事を書くコツ」についてはこちらの記事で書いてますので参考にしてみてください。→ブログ記事の書き方とコツ

今回注目して欲しいのが二つ目の「アクセスを集めて育てる」です。記事の作成は一人でもできますが、アクセスは訪問者がいて初めて成立します。

訪問者がいるということは「需要のあるブログ」、と判断することができます。では、記事数はたくさんあるのに訪問者が全くいないブログはどうでしょうか?

記事の数はあっても訪問者がいない訳ですから「需要の無いブログ」と言えます。

つまり、いくら記事を書いてもアクセスが無いブログよりは、少ない記事でもアクセスがあるブログの方が高い評価が得られるということです。この評価の差がブログに与える経験値の差になります。

そして、少ない記事数で効率よくアクセスを集めるには、検索ボリュームが少なくてもライバルの弱いキーワードで、上位表示させることが重要になってきます。

 

ここまでの話しをまとめると、立ち上げ初期のブログは弱い。弱いブログを育てるには記事数とアクセス数を同時に増やす必要がある。

そのためリサーチしてライバルの弱いキーワードを狙い、検索ボリュームの少ないキーワードでも上位表示させることができれば、ごくわずかなアクセスを拾うことができます。

この、ほんの少しのアクセスがブログ育てる経験値になってくれます。

 

結局、稼ぐためにはブログが強くても弱くてもリサーチをして、レベルに合った市場で戦わなければならないということです。

前置きが長くなりましたが、そのライバルリサーチの具体的な方法を次で解説していきます。

 

記事のタイトルとキーワードの一致状況からライバルの弱い部分を探す

検索ユーザーは「情報収集」または「悩みの解決」をするためにキーワードを使って検索をします。そして検索エンジンは打ち込まれたキーワードを元に、関連性の高い情報をユーザーに提供したいと考えています。

この関連性を判断するのに重要となってくるのが、記事タイトルにおけるキーワードの一致状況になります。キーワードの一致率が高ければ高いほど関連性が高いと判断されます。

つまり、記事タイトルが検索キーワードに対して部分一致している記事よりも、完全一致している記事の方が関連性が高いと判断されやすいということになります。

しかし、必ずしも記事タイトルが優先される訳ではありません。事実、キーワードが完全一致していなくても、上位表示されている記事を見かけることがあります。

「何故このようなことが起こるのか?」これには以下3つの原因が考えられます。

  1. 完全一致する記事タイトルで書かれた記事が少ない。
  2. 完全一致する記事タイトルの記事よりも、部分一致している記事タイトルの記事の方が良質と判断された。
  3. 「権威のあるサイトを表示するほうが適切だ」と検索エンジンが判断した。

3の権威性については今回の趣旨と若干ズレるので割愛します。詳しくは「ドメイン年齢(エイジ)が与えるSEO効果」の記事を参考にしてみてください。

今回は1と2に焦点を当ててお話します。

言葉を変えて1・2の内容を表現すると、1は「キーワードを使っているライバルが少ない」と言えます。2は「ライバルが弱い」と言えます。

2を少し補足します。例えば、検索キーワードが「リンゴ バナナ」だったとします。

本来であれば「リンゴとバナナ」という記事タイトルの記事が優先的に上位表示されます。しかし、いくら記事タイトルが「リンゴとバナナ」であっても、記事の内容が「キウイとメロン」であれば話しは別です。

この場合、記事タイトルに「リンゴ バナナ」のキーワードが含まれていなくても、記事の内容がしっかりと「リンゴとバナナ」について書かれていれば、関連性が高いと判断されます。

少しややこしくなってきましたので、ここで実例を一つ紹介したと思います。

以下の画像は「007 スペクター ボス」と検索した時の検索結果です。(1ページ目)

キーワードの一致1

まず、記事タイトルに注目して欲しいのですが、「007 スペクター ボス」のキーワードと完全に一致している記事は一つもありません。

ここで考えられるのは、以下の3つのどれかです。

  1. 「ボス」というキーワードが関連キーワードではない
  2. 権威性のあるサイトが上位ページを独占している
  3. 「007 スペクター ボス」のキーワードを使って記事を書いている人が少ない

まず1についてですが、「ボス」というキーワードは関連キーワード取得ツールを使って抽出していますので、関連キーワードとして実際に検索されているキーワードです。
参考記事:関連キーワードの選定方法

以下が実際にキーワードを取得した時の画像です。

キーワードの一致2

次に2についてですが、先の画像の検索順位1位に注目して欲しいです。ドメインを見ると、はてなブログという無料ブログで書かれた記事だということがわかります。

個人ブログで書かれている記事が1位に表示されているので、これから記事を書いても上位表示される可能性が高いと言えます。

最後に3についてですが、「007 スペクター ボス」で記事を書いている人が少ない=ライバルが少ないということになりますので、お宝キーワードの可能性があります。

実際に「007 スペクター ボス」のキーワードを全て記事タイトルに入れているライバルが、どのくらいいるのかを調べるには「allintitle:」を検索キーワードの前に入れてあげることで調べることができます。

以下の実際に調べた画像になります。

キーワードの一致3

赤枠で囲った件数が、キーワードと記事タイトルが完全一致している件数です。

先ほどの画像と見比べるとわかるのですが「007 スペクター ボス」と検索すると93,200件の検索結果に対して、記事タイトルにキーワードを全て含めている記事は4件しかないことがわかります。

つまり、「007 スペクター ボス」のキーワード全てを記事タイトルに含めて記事を書くことで、上位表示される可能性が高いと言えます。

このようにライバルリサーチをしていくことで、ブログ開設初期でも上位表示が狙えて、アクセスを拾うことができるようになります。

 

まとめ

ブログ開設初期は例外無くどのブログも弱いです。しかし、弱いブログには弱いブログなりの戦い方があります。

いきなりライバルの強い市場を攻めていませんか?確かに、BIGキーワードなどで上位表示ができれば大きく稼ぐことはできます。

しかし、開設初期のブログにとっては無謀とも言える挑戦です。

時間はかかるかもしれませんが、まずはライバルの少ない場所で少しずつレベルを上げ、徐々にステップUPしていくことが大切です。

ブログが育てば難易度の高いキーワードでの上位表示も夢ではありません。

今までライバルをあまり意識していなかった人も、ライバルチェックが上手く出来ていなかった人も、今回紹介した方法でライバルを意識して記事を書いてみてください。

そうすれば、必ずアクセスが拾えるようになりまし、ブログも育ちます。

 

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームよりご連絡ください

些細な事でも構いません。お気軽にご連絡ください。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

頂いたコメントは気づき次第、回答いたします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ