[記事公開日]2015/11/07

【アフィリエイト】サーチコンソール(旧ウェブマスターツール)へのサイト登録とフェッチアズグーグルの使い方

どうも、カズマです。

今回がGoogleが提供するサービスの一つのサーチコンソールについてお話します。

 

アフィリエイトをする上で色々なサポートをしてくれるのがこのサーチコンソールで

アフィリエイターにとって大切なツールの一つと言えます。

 

例えば、不自然なリンクなどを貼られた時に、アラートで知らせてくれたり、

サイトでエラーがある時などに、知らせてくれますので、サイトやブログを

正しく管理するのにとても役にたちます。

 

今回はそんなサーチコンソールへ運営するサイトを登録する方法と

更新した記事をいち早くインデックスしてもらう為の、Fetch as Googleのやり方を

解説していきます。

 

サーチコンソール(旧ウェブマスターツール)へのサイトを登録をする。

サーチコンソールのトップページを開いてログインします。

サーチコンソールトップページ

0

 

Googleアカウントを持っている方は、メールアドレスとパスワードを入力することで

ログインすることができます。

 

Googleアカウントを持っていない方は、最初にGoogleアカウントの作成を行います。

作成の手順はGmail取得の時と一緒になりますので、こちらの記事を参考に

Gmailの取得を行ってみてください。

アフィリエイト用アドレスが必要な訳と作成手順

 

1

 

ログインが完了すると、サーチコンソールのホーム画面が開かれます。

ホーム画面の右上の「プロパティを追加」をクリックします。

 

2

 

この画面が開かれたら、サーチコンソールに登録するサイトのURLを

①の中に入力します。

入力に間違いがないかを確認したら②の「続行」をクリックします。

 

3

 

所有権の確認を行う画面が開かれますので、①の「別の方法」のタブを

クリックして開き、②の「HTML タグ」のチェックボックスにチェックを入れます。

 

4

 

「HTML タグ」のチェックボックスにチェックを入れると以下の画面が表示されます。

赤枠で囲った部分に表示されている、メタタグをコピーしておきます。

コピーしたメタタグをあなたのサイトのHTML編集画面から

</head>と書かれた部分を探し</head>の一行上に、コピーした

メタタグを貼り付けます。

 

メタタグの貼り付けが完了したら、「確認」をクリックします。

 

5

 

正常にメタタグの貼り付けが出来ていれば、以下の画面が表示されます。

 

6

 

続行をクリックすると、サーチコンソールのホーム画面にもどります。

あなたの登録したURLのサイトが表示されています。

 

続いてフェッチアズグーグルを使って、インデックス送信を行う手順を解説していきます。

 

フェッチアズグーグルを使ったインデックス送信

最初にサーチコンソールのホーム画面を開きます。

 

14

 

先の手順で、登録したサイトの一覧が開かれます。

赤枠で囲った部分をクリックすることで、それぞれのサイトのダッシュボードを

開くことができます。

 

フェッチアズグーグルを使ってインデックスの送信をするサイトのダッシュボードを

開きます。

 

7

 

ダッシュボードが開かれたら、①のクロールをクリックします。

そのまま②のFetch as Googleをクリックすると、フェッチアズグーグルの画面が

開かれます。

 

8

9

 

インデックス送信するページのURLを①に入力します。

サイトのURLは①の左側にすでに表示されていますので、ここでは「/」の

うしろのURLだけを入力します。

 

入力が完了したら、②の取得をクリックします。

 

 

11

 

取得が完了すると、赤枠で囲った「インデックスに送信」というボタンが表示

されますので、クリックします。

クリックすると以下の画面が開かれます。

 

12

 

インデックスの送信には二つが種類があり、それぞれ送信回数の上限が決められています。

  • このURLのみをクロールする:月間500回まで
  • このURLと直接リンクをクロールする:月間10回まで

違いはインデックス送信をしたページのみをクロールしてもらうのか、そのページに

貼ってあるリンク先もクロールしてもらうかの違いです。

 

通常は上の画像にあるように、送信するページのみのクロールを使います。

チェックボックスにチェックを入れたら、送信をクリックします。

 

 

13

 

 

インデックスに送信された URLと表示されればOKです。

エラーが出た場合はここに、エラーが発生しましたなどの表示が出ます。

 

何もなければ、時間を置くことで送信できると思います。

 

まとめ

今回紹介した、フェッチアズグーグルはブログやサイトの立ち上げ初期には

Googleのクローラーを呼び込み、記事のインデックスを促すのにとても役に立ちます。

 

早い段階からGoogleにあなたのブログやサイトを認識してもらうためにも

是非活用してみてください。

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームよりご連絡ください

些細な事でも構いません。お気軽にご連絡ください。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

頂いたコメントは気づき次第、回答いたします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ