[記事公開日]2015/12/24

LUREA plus(ルレアプラス)のショートレンジ戦略で稼げない人はどうすれば良いのか?

「骨折り損のくたびれ儲け」

どうも、カズマです。

いきなりですが、ルレアのショートレンジ戦略で苦戦されている人も多いのではないでしょうか?

こんなことを言っている私も、ご多分に漏れずルレアのショートレンジ戦略で挫折した一人です。

しかし、今のメンター(師匠)に出会うことで、私は奇跡の生還をとげることが出来ました。そんな私だからこそ今語れる、ショートレンジ戦略の核心について切り込んでいきたいと思います。

もしあなたが今、ショートレンジで苦戦しているなら、この記事はきっとあなたの役に立つと思います。

 

LUREA plus(ルレアプラス)のショートレンジ戦略のおさらい

ルレア

先ずは、ショートレンジ戦略のおさらいから入りたいと思います。

ルレアのショートレンジ戦略の醍醐味と言えば、量産の仮定で稼ぎながらアフィリエイトスキルを学べることです。

それを可能にしたのがショートレンジ戦略の中にある、ジャンルの選定方法とキーワードの絞り方になります。

さらに、メインで扱う広告をアマゾンと楽天に限定することで、自然とライバルの少ない(弱い)市場でアフィリエイトがスタートできるようになっています。

「何故、アマゾンと楽天はライバルが少ない(弱い)のか?」と、疑問に感じている人もいると思いますので、少し解説します。

アマゾン・楽天は言わずと知れた日本最大級の通販サイトです。どちらも品数が豊富なのは言うまでもないでしょう。

「これだけ知名度が高いのにライバルが少ない(弱い)のは何故か?」

その理由は、以下の2つが大きく関係しています。

  • 他のASPと比べて報酬単価が低い
  • 人気の商品の入れ替わりが激しい

いくら飛ぶように売れる商品であっても、専業でアフィリエイトをしている人が、低単価の商品ばかりをアフィリエイトしていては生活が成り立ちません。

そして物販アフィリエイトの上級者からすれば、人気商品がコロコロと入れ替わるのは面倒なものです。

そのため、アフィリエイト上級者が積極的にアマゾン・楽天の商品をアフィリエイトすることは稀です。

裏を返せば、「ライバルが少ない(弱い)」ということになります。

つまり、ショートレンジ戦略に書かれていることを理解し、素直に実践することができれば、初心者でも自然とライバルの少ない市場で、アフィリエイトの経験を積むことができるのです。

 

これだけの好条件にも関わらず、ショートレンジで挫折する人が多いのは何故か?

それを次に解説していきます。

 

何故、ショートレンジ戦略で挫折する人が多いのか?

先にも話した通り、ルレアにあるショートレンジ戦略はかなり理にかなったアフィリエイト手法です。

初心者であっても早い段階で稼げるように、細部に渡って深く考えられています。それなのに多くの人が挫折してしまう原因には、以下の2つが大きく関わっていると私は思います。

  • ウェポンサイトの廃止
  • コンテンツSEOが高く評価されるようになった

まずはウェポンサイトの廃止から見ていきましょう。

 

ウェポンサイトの廃止について

「ウェポンサイト」、この言葉を聞いたことはありますでしょうか?

2015年以降にルレアを購入された方の多くは知らないと思いますので、ここから話を進めていきます。

ルレアにはウェポンサイトという、ショートレンジ実践者向けの早期収益化コンテンツがあったのです。

初心者の作ったショートレンジブログであっても、3Mのお三方が用意したウェポンサイトからリンクを送ることで効果的なSEO対策となり、容易に上位表示が狙えていました。

経験の少ないアフィリエイターにとって、この上位表示で得られる経験はとてつもなく貴重なのです。

パッと思いつくだけでも、以下の4つの経験を得ることができます。

  • ブログで稼ぐことを肌で感じることができる
  • アクセスの質や傾向がわかる
  • 滞在時間などのデータから、評価される記事と、評価されない記事の違いがわかる
  • 検索ユーザーが実際に検索しているキーワードがわかる

この貴重な経験が有ると無いとでは、その後のブログ(サイト)の作成や運営スタイルが全く違ってきます。

経験が有る人は、例えるなら、テスト前日に出題される問題を教えてもらったような感じです。

つまり、ウェポンサイトを上手く活用することで、誰でも簡単に上位表示することができ、貴重な経験を得ることができたのです。

しかし、そんなウェポンサイトの時代も長くは続きませんでした。

当時はグーグルアルゴリズムの変化にともない、少しずつ自作自演リンクに対しての評価が厳しくなっていく真っ只中だったのです。

ルレアのウェポンサイトもこの影響を受け、2014年3月から新規の受付を終了しています。そして、同年の8月にサービスの提供が完全終了となりました。

 

こうして最強と言われたウェポンサイトは伝説となったのです。

 

コンテンツSEOが評価される時代に・・・

ここまで読んだあなたは今、こんな疑問を感じているのではないでしょうか?

「ショートレンジ戦略はウェポンサイト無しでは稼げない?」

この問に対しての私の答えは「イエス」でもあり「ノー」でもあります。

先のおさらいの話を思い出してみてください。

ショートレンジ戦略は、内容を理解して素直に実践することができれば、自然とライバルが少ない市場で経験を積むことができるようになっています。

つまり手順通りに実践すれば、初心者でも上位表示が狙えるのです。(この部分がイエスと言っている理由です。)

ただし、コンテンツSEOが有利となった今、上位表示するまでにそれなりの作業量と時間がかかってしまいます。

言うなれば、答えが見えない中での量産。まさに闇雲という言葉がふさわしいです。(この部分がノーと言っている理由です。)

量産が辛くても、目指すべきゴールが見えていれば多くの人は続けれます。しかし、闇雲となれば話は別です。

答えが見えない中での量産は、どんなに優秀な人でもモチベーションを持続させることが難しくなります。

そして、ウェポンサイトの廃止とコンテンツSEO時代の到来が、この闇の部分をより深くさせてしまったのです。

では、どうすれば良いのか?それを最後にお話したいと思います。

 

ミドルから始めることも視野に入れる

ここからは私の経験をふまえての見解です。

ショートレンジを実践している人の多くは、10記事前後でブログの量産をしているのではないでしょうか?

しかし、コンテンツSEOの観点から考えると、10記事前後ではコンテンツが少ないと言えます。

いくら無料ブログのドメインパワーを借りたとしても、それだけで上位表示を狙うのは至難の技です。

キーワードの選定能力があれば別ですが、これからアフィリエイトを始める人が、優れた選定能力を持っているとは思えません。少なくとも私はキーワードの選定が苦手でした。

コンテンツSEOが主体になり、ウェポンサイトが無くなった今、昔と同じように量産を続けても、上位表示はおろかアクセスすらないまま挫折してしまいます。

先にも述べた通り、アフィリエイトの経験を積むには、上位表示が絶対条件です。

しかし、10記事前後のブログでは上位表示はおろか、検索順位の圏内に入るのも難しいのが現状だと思います。

ならば「記事数を20記事・30記事と増やしたらどうでしょうか?」

私の経験上、10記事のブログよりはグーグルから評価されやすくなり、キーワードによっては上位表示が狙えるようになります。

勘の良い人であれば、「もしかしてミドルレンジのことを言っている?」と気づいてくれたのではないでしょうか?

10記事300ブログと30記事100ブログは、どちらも同じ量産です。

同じジャンルのブログで比較した場合「10記事しかないブログと、30記事あるブログ」どちらのコンテンツが充実していると思いますか?

実際は、記事の質なども関係してきますので一概に「こっちだ」と断定することはできないが、数字だけを見るなら30記事のブログの方がコンテンツが充実していると言えます。

もし今、ショートレンジで思うように結果が出ていないのなら、量産の仕方を変えてみるのも一つの手かもしれません。

ルレアで言うなら、ミドルレンジ戦略から始めるということです。

 

そもそも量産することが苦に感じているなら、このブログで紹介している特化型トレンドアフィリエイトを実践してみてください。

特化型トレンドアフィリエイトの始め方

 

まとめ

ルレアは数ある情報商材の中で、最も信頼できる教材だと私は思います。

しかし、移り変わりの激しいアフィリエイトでは、時代の変化も意識しなければなりません。

アフィリエイトで稼ぐための知識は全てルレアに詰め込まれていることは間違いないです。それをどう活用するかは、あなた次第です。

 

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームよりご連絡ください

些細な事でも構いません。お気軽にご連絡ください。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

頂いたコメントは気づき次第、回答いたします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ