[記事公開日]2015/11/09

ブログアフィリエイトにおけるインデックスの意味とは?

どうも、カズマです。

 

こんな経験はありませんか?

「記事の更新しているのに、思うようにアクセスが集まらない」

「キーワードを意識しているのに、アクセスが集まらない」

 

 

実はこれ、あなたのブログの記事やサイトの情報が上手く検索エンジンに

インデックスされていないのが原因かもしれません。

 

インデックスって言葉。よくみかけるけど、どういう意味?と思うかもしれません。

今回はこの検索エンジンへのインデックスについて解説していきます。

 

是非最後まで読んで頂き、インデックスを上手く活用してみてください。

 

インデックスとは?

インデックスとは、辞書で調べると「索引」や「見出し」と書かれています。

 

索引は辞書とかで調べごとをする時に使いますよね?五十音順に並べてあったりして

調べる時に非常に便利です。

 

では、ブログやサイトを運営していると、よく見かける「インデックスされる」

とはどうゆう意味なのか?疑問に感じますよね?

 

これを知るには、検索エンジンの仕組みを少し知っておく必要があります。

 

日本で主流の検索エンジンと言えば「Google」や「Yahoo」ですよね。人によっては

「Bing」を使っているかもしれませんが、検索エンジンにも色々と種類があります。

 

そして、それぞれの検索エンジンにはインデックスサーバーという情報の保管庫が

あります。

 

例えば、

Googleの検索エンジンを使って特定の言葉を検索したとします。その時に表示される

検索結果は、Googleのインデックスサーバーに保管されているデータなのです。

 

逆に言えば、このインデックスサーバーに無いデータは検索結果に表示されることは

ありません。

 

つまり、ブログやサイトをなどを運営していると、よく見かける

「インデックスされる」というのは検索エンジンのインデックスサーバーに、

あなたが運営するブログの記事やサイトの情報を保管してもらう。

という解釈をします。

 

そのインデックスサーバーに、あなたが運営するブログの記事やサイトの情報が

保管されることで、検索エンジンを使って検索した時に、あなたのブログやサイトが

表示されるようになるのです。

 

辞書でも一緒ですよね?辞書の中に無い言葉は、いくら索引で調べても出てきません。

 

これは検索エンジンにおいても一緒です。

 

検索エンジンから、あなたのブログの記事やサイトの情報がインデックス

されていなければ、どうやって検索をしてもあなたのブログやサイトを

見つけることはできません。

 

でも、「どうやったらインデックスされるの?」と思うかもしれません。

 

安心してください。ほかっておいてもインデックスは勝手にされます。

ある程度は・・・

 

これを可能にしたのが、クローラーの存在なのです。

 

それを次に解説していきます。

 

 

インデックスと密接な関係にあるクローラーとは

検索エンジン各社には、クローラーと呼ばれるロボットが存在しています。

このロボットは自動で、ネット上を巡回していて新しい情報を発見しては、

検索エンジンのインデックスサーバーにその情報を持ち帰ります。

 

新しく書いた記事やサイトの情報を発見しては、勝手にインデックスサーバーに

データを持ち帰りインデックスしてくれます。

 

でも、ロボットと言えど、ネット上を1日で全て巡回することはできません。

限られた時間の中で無駄な動きをしない為にも、更新頻度が高いサイトやブログを

優先的にクロールして、更新頻度が低いブログやサイトは、あまりクロールしない

特性があります。

 

ブログやサイトを開設すれば、自動的にインデックスされると思っている人も

多いですがそうではありません。

 

インデックスされるのは、このクローラーが巡回してくれてるお陰なのです。

 

逆を言えば、クローラーが巡回してくれなければ、いつまで経っても

あなたのブログやサイトが検索エンジンにインデックスされることはありません。

 

でも、「インデックスが早い」とか「インデックスが遅い」って聞くけど、

「これは運次第?」と思うかもしれませんが、インデックスには

  • クローラーが発見してくれて、勝手にインデックスされるパターン
  • 自らクローラーの巡回を促してインデックスしてもらうパターン

の二つのパターンがあります。

 

特に、ブログやサイト開設初期はクローラーに認知されにくいので、

中々発見してもらえずインデックスされるのに時間がかかることもあります。

 

なので、ブログやサイトの開設初期はこのクローラーを呼び込むことが大切に

なってきます。次はこのクローラーを呼ぶ方法を解説していきます。

 

インデックスを促す

先程もお話した通り、クローラーは更新頻度が高い場所を優先的に巡回する為

1日のほとんどがルートセールスの様に、同じ場所を巡回しています。

 

その為、開設初期のブログやサイトはインデックスを速やかにしてもらう為にも

クローラーを自ら呼ばなければいけません。

 

このクローラーを呼ぶ方法がインデックス送信です。

 

Googleの場合であれば、サーチコンソールと呼ばれるツールのフェッチアズグーグル

と呼ばれる機能でできます。

参考記事:サーチコンソール(旧ウェブマスターツール)へのサイト登録とフェッチアズグーグルの使い方

 

同様にYahooであれば、Yahoo site Explorerを使います。

Bingであれば、Bingウェブマスターツールを使います。

 

この様に、ブログやサイト開設初期はこのインデックス送信を使うことで

自らクローラーを呼び、インデックスを促すことができます。

 

そして、検索エンジンからあなたのブログやサイトが認知される様になれば

ほかっておいても、クローラーが勝手に巡回してインデックスしてくれる様に

なります。

 

とは言え、すでにインデックスされている記事やページを何度もインデックス送信

しても意味がありません。場合によっては不必要にクローラーを呼ぶ、スパムと

判定される可能性もありますので、クローラーを呼ぶ時は修正・加筆した時や、

新しく更新した記事だけを対象にすると良いです。

 

でも、「どの記事がインデックスされているの?」と思うかもしれません。

インデックスの確認方法はありますので、それを最後に紹介したいと思います。

 

インデックスの確認方法

インデックスの確認方法は各検索エンジンの検索窓に

《site:あなたのブログやサイトのURL》を打ち込み検索するだけです。

 

検索結果に表示されているページのURLはすでにインデックスされています。

 

まとめ

 

ブログやサイトを更新するだけでは、検索エンジンにインデックスされることは

ありません。クローラーが巡回して、そのデータを各検索エンジンのインデックス

サーバーに運ぶことでインデックスされるようになります。

 

「記事を更新しているのに、一向にアクセスが集まらない」こんな時は一度

更新した記事が検索エンジンにインデックスされているか見てみると

良いかもしれません。

 

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームよりご連絡ください

些細な事でも構いません。お気軽にご連絡ください。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

頂いたコメントは気づき次第、回答いたします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ