[記事公開日]2015/11/24

アドモールの無料オファーと2ティアを利用するだけでアフィリエイト初心者でも大きく稼げる秘訣とは

どうも、カズマです。

今日はアフィリエイト報酬が中々上がらなくて苦しんでいる方にとって必見のASPを紹介します。

アドモールというASPなのですが、聞いたことありますでしょうか?

 

2013年にできた新しいASPなのですが、威力は絶大です。「何が?」と思うかもしれませんが、その部分を今回紹介していきます。

まだ、設立して日が浅いASPなので、これから大きく成長するかどうかは未知数ですが、独自のシステムで早くも頭角を表しているASPの一つです。

アフィリエイトの収益を大きく伸ばす秘訣の中には、王道と呼ばれる手法をコツコツと続けながら、こういった短期的に爆発する可能性のある手法を取り入れるのも一つの手です。

「新しい」というだけで疑いの目を向ける人もいますが、稼ぐ人は信じすぎず疑い過ぎず即実践して、結果だけを客観的に判断すると言われています。

ということで早速、詳細を見ていきましょう。

 

アドモールの特徴

アドモールは一口で言ってしまうと情報商材をメインとしたASPです。

情報商材と聞くとパッと思い浮かぶのがインフォトップですが、あまり良いイメージを持たない人も多いと思います。その原因の一つが、情報商材には詐欺商材と呼ばれるものが多いからだと思います。

この部分をアドモールはインフォトップより意識していて、商材を厳選しています。その為インフォトップより扱っている商材数は少ないものの、厳選された優良な商材が多いのが特徴的です。

つまり、インフォトップの悪い部分を無くし、良い部分を伸ばしたような感じのASPです。

 

では「具体的にアドモールを使うメリットは何なのか?」その部分をもう少しお話していきます。

 

1アカウントで全て管理できる

インフォトップと比べ基本的な部分での違いはアカウント管理です。

アドモールでは1アカウントで全てを管理できます。インフォトップだとアフィリエイター、インフォプレナー(販売者)、購入者の3つのログインがあります。例えば、アフィリエイターがレビュー用に商材を買う場合は、一度ログアウトして、購入者IDで再度ログインし直さなければ、なりませんでした。

これが地味に面倒だった人も多かったのではないでしょうか?アドモールはログインさえすれば、アフィリエイター、インドプレナー、購入者を1つのアカウントで全て操作できるようになってます。

ポイント制のシステム(1P=1円)を使用しており、アフィリエイト報酬で貯めたポイントをそのまま商品の購入に使うことができますので、とても便利に作られています。

 

初心者でも稼ぎやすい仕組み

アドモールでは、無料オファーと2ティアを利用して初心者でも稼ぎやすい仕組みを作っています。またアフィリエイト上級者であれば、この仕組みを活用して爆発的に収益を伸ばすことも可能です。

 

初心者でも高額報酬につながる無料オファー

無料オファーと言えば、メールアドレスを登録させるだけで報酬が発生するアフィリエイトで、ライティングが苦手な初心者にとっては楽に稼げる商材の一つだと思います。

しかし、無料オファーは無料なだけに報酬単価が安いのが一般的でした。

 

それを、くつがえしたのがアドモールです。

こちらを画像を見て頂くとわかるのですが、

アドモール4 アドモール5赤枠で囲った部分が報酬単価です。

やることは従来の無料オファーと一緒で、ユーザーにアドレスを登録してもらいます。この画像を見るとわかるように、この時点では報酬は発生しません。

しかし、ここからが従来の無料オファーよりパワーアップしています。無料オファーでメールアドレスを登録したユーザーに対して、販売者が直接メルマガなどを通してクロージングをかけていきます。

その結果、成約となれば、それぞれのコースに応じた報酬が発生します。この報酬が他のASPとは比べ物にならないくらい高額なのが特徴です。

 

初心者の人にとってライティングで成約させることは、とても難しいです。かといって無料オファーに登録してもらっても報酬単価が低くく、大きな利益を得ることが出来ないのが今までの無料オファーの特徴です。

しかし、アドモールでは無料オファーに登録させてからが凄いのです。あなたがやるのは、ユーザーに無料の情報を手にしてもらうだけです。そこから先は販売者がプロのライティングを駆使して成約へとつなげてくれます。

その結果、無料オファーへの誘導をしただけなのに、高額なバックエンドが発生するという仕組みになっています。

つまり、ライティングが苦手な人でも高額報酬を得ることができるのです。

 

独自の2ティア制度

これも画像を見た方が早いと思いますので、以下の画像をみてください。

アドモール1

Aというアフィリエイターが自身の◯◯ブログで◯◯の商品のレビュー記事を書いたとします。そしてBというアフィリエイターがAの記事がとても良いと自身のブログで紹介します。

Bのブログを見たユーザーは、貼られていたリンクをクリックしてAが書いたレビュー記事を読んで商品を購入するとAに1万のアフィリエイト報酬が発生します。

この時に2ティアのリンクを利用することで、画像にありますようにBは50%の2ティア報酬を得ることができます。

この場合で言うとAが得た1万のアフィリエイト報酬の50%ですので、Bが受け取る2ティア報酬は5000円となります。

 

人間誰でも得手不得手はあります。レビュー記事を書くのが苦手であれば、上手く文章で表現できなくともBの立場のようにユーザーに対してAの書いた記事をオススメしてあげるだけ良いのです。

反対にレビュー記事を書くのは得意だけど、アクセスを集めるのが苦手な方は、Aのように他のアフィリエイターにアクセスを流してもらえば、winwinで稼げるようになります。

 

つまり、初心者であればレビュー記事が書けなくても、トップアフィリエイターの記事にアクセスを流すだけで報酬を得る可能性が上がります。反対に報酬をさらにUPさせたい上級者の人は多くのアフィリエイターからアクセスをもらうことで、どんどん成約していきます。

 

これが、アドモール独自の2ティアです。

 

まとめ

今後の成長しだいでは、さらなる発展をする可能性も、又はこのまま衰退する可能性もありますが、いずれにしても大きく稼ぐなら今の内かもしれません。

 

冒頭でもお話したように、稼ぐ人は信じすぎず、疑いすぎず、即実践します。そしてその結果を元に良し悪しを決めます。今のシステムがいつまで続くかはわかりませんが、今であれば初心者でも大きく稼ぐ環境が整っていると思います。

もしかしたら、これから大きく稼ぐために必須のASPとなるかもしれません。

その可能性がアドモールにはあるように私は思います。

 

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームよりご連絡ください

些細な事でも構いません。お気軽にご連絡ください。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

頂いたコメントは気づき次第、回答いたします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ