[記事公開日]2015/11/27

評判のアフィリエイトの高額塾は本当に稼げるようになる?それとも詐欺? 

どうも、カズマです。

今回はアフィリエイトの高額塾についてお話してきます。

高額塾に入るかどうか悩んでいる人であれば、今回の記事を読んで頂ければ、高額塾の仕組みから、詐欺と呼ばれる高額塾の見分け方までがわかるようになると思います。

そして、この記事を読まれているのであれば、おそらく「効率良くアフィリエイトを勉強したい」というのが本当の目的だと思いますので、「効率よくアフィリエイトを勉強する」ための方法も最後の方で解説していきます。

 

アフィリエイトで稼ぐ本質は何なのか?

高額塾の話しをする前に、アフィリエイトで収益が発生するまでの仮定を考えてみましょう。

アフィリエイトで報酬を得るには、何らかの情報を発信する媒体(ブログやサイトやSNSなど)を持ち、その媒体への集客を行い、訪問してきたユーザーに特定の行動(商品の購入又は広告をクリック)をとってもらう必要があります。

これだけ聞くととてもシンプルなビジネス構造です。

しかし、シンプルなビジネス構造ゆえにライバルが多数いることを忘れてはいけません。ブログやサイトアフィリエイトで言えば、検索エンジンで上位表示されなければいけません。SNSで言えば見込み客となるフォロワーの争奪戦で勝たなければなりません。

そのために、多くのアフィリエイターはライバルに勝つために日夜勉強に励んでいます。そして、その中で勝ち上がることで報酬を手にすることができるのです。

つまり、努力無くして稼ぐことはできないのです。

しかし、努力の仕方といっても色々あります。これを受験戦争に例えてお話します。

 

受験戦争とアフィリエイトの共通点と違い

将来の選択肢の幅を広げるために多くの人が、難関大学の合格を目指して受験勉強をします。しかし、受験勉強と言ってもやり方は色々あります。学校で使っている教科書だけを頼りに独学で勉強する人もいれば、本屋などで複数の参考書を買って勉強する人もいます。

そして、お金に余裕のある家庭ならば進学塾と呼ばれる塾に入って勉強します。

アフィリエイトも受験勉強と同じで、ネットの情報だけを頼りに独学で勉強する人もいれば、情報商材と呼ばれる参考書を片手に勉強する人もいます。中にはアフィリエイト塾と呼ばれる高額塾に入って勉強する人もいます。

このように受験とアフィリエイトはとても似ているように私は思います。

しかし一つだけ明確に違う部分があります。それが今回の記事タイトルにもありますように「塾」です。

教科書で勉強=ネット情報で勉強

参考書=情報商材

進学塾≠アフィリエイト塾

では、高額塾と進学塾はどこが違うのか?それを次にお話します。

アフィリエイト塾(高額塾)と進学塾の違い

進学塾は塾のブランドのためにも、全力で指導します。多くの難関大学での合格者を出すことで塾の名声が上がり、次の年も多くの塾生を獲得することができます。

そのため、受験生には過酷とも言えるスケジュールで徹底的に教え込みます。一人でも多くの合格者を出すために必死です。塾側が必死であればあるほど受験生も必死になります。必死にならざるおえない環境を作っているのです。

ではアフィリエイト塾はどうなのか?

 

アフィリエイト塾は進学塾とは全く別ものです。進学塾のように死に物狂いで塾生に教えるようなことはしません。進学塾のように合宿と称して塾生を旅館につめこみ、朝から晩まで塾講師の監視下でひたすら勉強させるようなことはしません。

「何故?」と思うかもしれませんが、アフィリエイト塾はそんなことをしなくても儲けられるからです。ネットの環境は常に変化があるため、変化があるたびに「最新の手法」をエサにプロモーションをかけ情報弱者を釣るのです。

詐欺などの悪評がたてば、塾名を変えればいいだけです。

 

受験であれば、毎年出題される問題に変化はあるものの、基本的に勉強することは一緒です。そのため実績のある進学塾が評価されます。しかしアフィリエイトの場合は古い手法が通じなくなってしまうと塾の評価はたちまちに落ちてしまいます。

かといって最新のノウハウで稼がせるのは至難の技です。受験であれば過去問という蓄積されたデータがありますが、アフィリエイトにおける最新の手法には蓄積されたデータはありません。

このようにアフィリエイト塾と進学塾の運営スタイルは全くの別ものです。

そのため、進学塾のように労力をかけて教えるよりは、塾名を変更して新たなお客を捕まえる方が楽なのです。

まとめると進学塾は合格させるために全力でサポートをします。反対にアフィリエイトの高額塾は効率よくお金を儲けるのが目的なので、充実したサポートをしていたら採算が合わないのです。

 

アフィリエイト塾は全て悪徳なのか?

全てのアフィリエイト塾が悪徳とは言いません。ちゃんと運営しているアフィリエイト塾もあります。そういった塾の特徴は高額な費用をとることは無く、いつでも解約ができる月額制のスタイルで運営していることが多いです。

ちゃんとしたアフィリエイト塾であれば、定期的に最新手法の情報交換会や、セミナーなどを開くことはありますが、口がさけても「この最新の手法で◯◯万円稼げるようになります」とはいいません。

アフィリエイトの本質を知っているからこそ高額な費用を取ることは無いのです。その変わり月額制などのスタイルで最新の情報を届けてくれます。

 

アフィリエイトを効率よく勉強するにはどうすればいいの?

アフィリエイトをもっとも効率よく勉強するには、やはり人から教えてもらうことだと思います。このことについてはこちらの記事でも触れています。

ネトレピが私にくれたもの、アフィリエイト初心者に私からおくるもの

 

高額塾と進学塾を比較した話しを思い出してください。なぜ進学塾は多くの合格者を出せていると思いますか?

私の経験を踏まえてお話すると、進学塾の場合は徹底したサポートをしているからです。アフィリエイトでも進学塾のような徹底したサポートがあれば、必ず稼げるようになります。

 

でもアフィリエイトの高額塾がそれをすることは絶対にありません。アフィリエイトの高額塾が儲けるためには多くの塾生が必要になります。塾生を集めるためにプロモーションやLP(ランディングページ)などの広告費に大量の資金を投じます。

塾生が集まればお金を儲けることができるのですが、塾生増えれば塾生の人数に応じて講師も必要になります。しかし、すでに大量の資金を広告費に使っているので優秀な講師を雇うだけの余力はありません。講師の人数が足りなければ、充実したサポートを提供することはできないです。

 

つまり、アフィリエイトの高額塾は仕組み上、徹底したサポートができないのです。でも、これが個人でおこなっているコンサルだったらどうでしょうか?

個人でコンサルをやっている人は広告費にお金をかけません。そのため知っている人が少ないです。

逆に考えると知っている人が少ないということは、塾のように講師を雇う必要もありません。その分、限られたコンサル生に対して徹底したサポートが行えるのです。

 

つまり、アフィリエイトを効率よく勉強するには、個人でひっそりとコンサルしている人を見つけ、その人にマンツーマンで教えてもらうことが一番の近道です。

進学塾のように個人のレベルに合わせて徹底してサポートをすることができるので、アフィリエイト初心者でも挫折することなく効率良くアフィリエイトを勉強することができます。

 

まとめ

アフィリエイトを効率よく勉強するには、やはり人から教えてもらうことが大切です。すでにアフィリエイトで成功している人がいる訳ですから、その成功している人からアフィリエイトを教えてもらうことができれば、誰よりも早く成長することができます。

しかし、その心理を利用してお金儲けをしている人がいるのも事実です。

 

そういった詐欺のような高額塾に騙されない為にも、入塾する前は徹底したサポートをしてくれるかをしっかり見極めましょう。また、それを見極めるのに重要なポイントとなるのが広告費です。

広告費をかけるからには、最低でも広告費は取り戻さなければなりません。そのためには、「より多くの人に入塾してもらう」または「入塾の費用を高額にする」のどちらかしかありません。

しかし、多くの人を集めれる保証なんてどこにもありません。となれば、「入塾の費用を高額にするしかない。」ということです。

 

是非、高額塾に入塾する前はこの点を思い出して欲しいです。

 

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームよりご連絡ください

些細な事でも構いません。お気軽にご連絡ください。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

頂いたコメントは気づき次第、回答いたします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ