[記事公開日]2016/02/15

【シニアアフィリエイト】記事が書けない・稼げないあなたに送る、たった一つの改善方法

インプットやアウトプット以前の話。

どうも、カズマです。

「記事が書けない。」これってアフィリエイターとしては致命的ですよね。

でも、記事が書けなくて悩んでいる人は多いものです。

事実、私も記事が書けなくて、長い間苦しんでいました。「インプット不足だから記事が書けない」のような、生ぬるい話しではありません。

「インプットしているのにも関わらず、記事が書けないんです。」

私の師匠のコンサルに参加されているシニアの方も、これで悩まれている方が多かったです。

でもシニアの方って凄いんです。

すぐに挫折してしまう若い人とは違い、長期的な目線で一つ一つ確実に取り組まれます。

特に今回ご紹介する「改善方法」に気づかれた方は、”シニアの方”特有の継続力で飛躍的に報酬を伸ばされました。

もし、あなたも同じように悩んでいるのなら、この記事はきっとあなたの役に立ちます。

ということで、早速みていきましょう。

 

「記事が書けない=インプット不足」は、大きな間違い

記事が書けない

「記事が書けない=インプット不足」という情報をよく見かけますが、果たして本当にそうでしょうか?

確かに全く知らないことに関して、記事を書くのは不可能です。

だから、ほとんどの人が記事を書く前に、必要な情報を調べたりして「インプット」を、おこないます。

でも、いざ記事を書こうとすると、どのように書いて良いか分からず、文章を書いては消しての繰り返し。

「気づけば1・2時間過ぎていて、無駄に時間を過ごしてしてしまった。」という経験をしている人も、多いのではないでしょうか?

「インプット不足が原因」であれば、必要な情報は調べてますので、書けるハズです。

でも書けないから、「インプット不足」だと思い込み、再びリサーチ。

そして再びエディタを開き、思うように文章が書けずにパソコンの前でイライラ。

そんなあなたに言います。「記事が書けない=インプット不足」ではないです。

私も過去に同じ経験をしていますので、断言できます。

「記事が書けない=インプット不足」ではない!

では、「インプットしているのに、なぜ記事が書けないのか?」この部分をもう少し深掘りしていきます。

 

余計なことを意識するから、記事が書けなくなる

インプットしているのにも関わらず、記事が書けない人は、余計なことを意識しすぎている傾向にあります。

これはアフィリエイター特有の現象なのかもしれません。

まずは質問です。

あなたは記事を書く時に何を意識していますか?

一例を上げると以下のようなことを意識しているのではないでしょうか?

  • 魅力的な記事タイトル
  • 多くの人に読んでもらえるような文章構成
  • 独自の切り口や、オリジナリティ
  • ライバルより良質な記事
  • SEOを意識した、文字数
  • 効率的にアクセスの集まるキーワード
  • 共感してもらえるような文章

確かにアフィリエイターであれば、これらのことを意識する必要はあります。

しかし、「インプットしているのにも関わらず、記事が書けない」という時ほど、これらのことを過剰に意識している傾向にあります。

でも、これらの項目って後からでも修正できると思いませんか?

一例をあげると、稼いでるアフィリエイターは以下のようにしています。

  • 「このキーワードでアクセスが集まるかどうか分からないけど、とりあえず書いてみる」
  • 「文字数が少ないけど、とりあえずUPしてみる」
  • 「魅力的な記事タイトルではないでけど、とりあえずUPしてみる」
  • 「オリジナリティに欠ける内容だけど、とりあえず書いてみる」

このように、稼いでるアフィリエイターほど、細かいことを意識せずに記事を書いています。

言葉を変えて表現するなら、「深く考えずに人一倍、行動している」です。

そして、行動から得られる結果を元に、修正・改善をしています。

これも具体例をあげると、以下のようになります。

  • 記事をUPしても上位表示されない場合。
    加筆・修正をして反応をみる
  • 記事をUPして1週間後に、魅力的な記事タイトルが思いついた。
    記事タイトルの修正をする
  • アクセス解析のデータから、アクセスの多いキーワードが分かった。
    記事タイトルにそのキーワードを含める
  • 記事をUPしてから1ヶ月後に、魅力的な言い回しが思いついた。
    該当箇所を加筆・修正をする

稼いでるアフィリエイターたちは、このようにしてブログを育てているのです。

実際に私の師匠もテストが好きで、よくテストをしていると仰っています。

「○○のキーワードで記事を書いた時に、どんな結果が得られるのか?」というのが楽しみで、よくテストをしているそうです。

つまり、細かいことを意識せずに、「試してみる」という軽い気持ちを持つことが大切なのです。

面白い記事が書けなくてもいいじゃないですか。

レッドオーシャンキーワードかもしれませんが、記事を書いてみればいいじゃないですか。

オリジナリティに欠ける記事かもしれませんが、UPしてみればいいじゃないですか。(コピペはダメです)

余計なことを意識しすぎるから、記事が書けなくなってしまうのです。

これが「インプットしているのにも関わらず、記事が書けない」という状況を作り出してしまっているのです。

 

「効率」を求めすぎることが原因

原因

アフィリエイトで稼ぎたいという思いが強い人ほど、効率を求めます。

効率を求めれば求めるほど、上位表示しやすいキーワードを探したり、少ない記事で効率よく稼ぐために「成約率の高い文章」を意識したり、SEO対策などを意識して記事を書くようになります。

意識する事が多ければ多いほど、記事のハードルを引き上げているのです。

次第に「こんな記事ではダメだ、もっと良い記事を書かなければ」となってしまい、どんどん記事が書けないスパイラルに陥ってしまうのです。

ここまで読んでいるあなたは、すでに気づいているかもしれませんが、これらのことって自己満なんですよね。

良い記事かどうかは、読み手が決めること。

上位表示させるかどうかは、検索エンジンが決めること。

読まれやすい記事や、上位表示しやすい記事にはある程度の傾向があります。だからといって、読まれるとは限りません。上位表示されるとも限りません。

ある程度の傾向はあるものの、答えがある訳ではありません。

つまりやってみなければ分からないのです。

そんなところで「効率」を求めていても、記事が書きにくくなるだけです。

稼ぎたいという思いが強いほど、効率を求めてしまいます。

効率を求めれば求めるほど、記事を書く時に意識することが増えてしまいます。

これが次第に「記事が書けない」という状況を作り出してしまうのです。

 

ネタがあるのなら、まずは書いてみる

「テキトーに記事を書いてもいいよ」と言われれば、少しは気が楽になりませんか?

そう。テキトーに書けばいいんです。

記事のネタがあるのなら、テキトーでもいいから「記事を書いて、アップする」ことが大切です。

どんなに文章構成がグチャグチャでも、記事をアップすればクローラーが巡回してくれます。上位表示されれば、PV数を稼ぐこともできます。

これがブログの評価につながってきます。

どんなに文章構成がグチャグチャでも、アクセスがあるなら、アクセスの無いブログより評価されるようになります。

アクセスが無かったとしても、検索エンジンは「ちゃんと更新しているブログ」を評価してくれます。

だから最初は、「グチャグチャでいいんですよ」

ネタがあるなら、書かないよりはマシです。

「テキトーに書いた記事でも評価されるんですよ。こんな楽なことはないですよね?」

余計なことを意識しすぎて、記事が書けなくなる前に、テキトーでもいいから記事を書いてみてください。

これが一番の近道なのかもしれません。

 

まとめ

昔は、「情報商材を買うばかりで、実践しない人」のことを、ノウハウコレクターと呼んでいました。

今は、情報商材などを買わなくてもネット検索をすれば、色々な情報を手にすることができます。

ネット上にある、「稼ぐには○○を意識して、記事を書かなければいけない」という情報に、振り回されているのだとすれば、これも立派なノウハウコレクターではないでしょうか?

「○○を意識して記事を書けば、アクセスが集まりやすい」というノウハウを持っていても、そのノウハウが原因で「記事が書けない」という状況を作り出しているのなら、それは必要の無いノウハウだと、私は思います。

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームよりご連絡ください

些細な事でも構いません。お気軽にご連絡ください。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

頂いたコメントは気づき次第、回答いたします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ