[記事公開日]2016/03/07

稼げるアフィリエイトはどれ?ブログ・ツイッター・フェイスブックなどの違い

おすすめはトレンドブログアフィリエイトです。

どうも、カズマです。今回はアフィリエイトの種類について。

アフィリエイトの種類は大きく分けると、媒体と手法ごとに分けることができます。

今回は媒体ごとに分けて考えた時の集客の違いについてです。

基本的な話なのですが、「これからアフィリエイトを始める」という人が使う媒体を間違えてしまうと、稼ぐまでの道のりが遠くなってしまいます。

ということで早速みていきましょう。

 

媒体ごとに分けると、こうなります

ブログアフィリエイト

まずアフィリエイトを媒体ごとで分けると、
SNS系とブログ(サイト)系に分けることができます。

SNS系

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

などがあり、

ブログ(サイト)系

  • 無料ブログ
  • ワードプレスブログ
  • HTMLサイト

この中で初心者の方におすすめなのは、ブログ系です。

 

ブログ(SEO)を軸としての集客と、SNS系の集客の違い

ブログ系の醍醐味と言えば、

  • キーワードを使って検索エンジンから集客するので、自然とニーズの濃い検索ユーザーを集めやすい
  • 書いた記事が資産として残る

SNS系とブログ系の一番の違いはこの集客方法にあります。

自発的にフォロワーを増やして集客するSNS系に対して、ブログ系はキーワードを使って記事を書き、検索エンジンから集客します。

単調な作業で楽に集客できるのがSNS系の特徴なのですが、濃い見込み客を集めるのが難しいです。

例えば、Twitterで1万のフォロワーがいたとします。

あなたがツイートすることで、この1万のフォロワーにツイートを見てもらえる可能性があります。

しかしフォロワーが1万いても、全員が每日ログインしているとは限りません。

ログインの頻度が高いユーザーのことを、「アクティブユーザー」と言ったりもします。

このアクティブユーザーが少なければ、1万人のフォロワーがいても、成約につながらない無意味なフォロワーになってしまいます。

仮に1万人のフォロワーが全てアクティブユーザーだったとしましょう。

そしてあなたが、ダイエットサプリの広告をツイートをしたとします。

この時、フォロワーの中でダイエットサプリに対して興味のあるユーザーは何人いるでしょうか?

興味の無い人に物を売るのは、プロの営業マンでも至難の業です。

アフィリエイターは営業マンでは無いので、それ以上に難しいのは言うまでも無いと思います。

このように考えていくと、例え1万人のフォロワーがいても、私たちが求めるアフィリエイト報酬を手にするには色々と壁があります。

これに対してブログ系の場合、「ダイエットサプリ」の記事を書き、その記事に集客をします。

この記事にたどり着くには、検索エンジンを使い「ダイエットサプリ」と検索する必要があります。

逆に言えば、「ダイエットサプリ」と検索しない限り、この記事にたどり着くのは、極めて困難です。

とは言え、「ダイエットサプリ」と検索する人は、「ダイエットサプリ」に興味があるから検索をします。

その人があなたの記事にたどり着いたなら、その時点でニーズの濃い見込み客である可能性が高いです。

見向きもしてくれない1万のフォロワーに対して、一方的にツイートをするよりは、興味を持ってくれる10人に、ブログ記事を通してしっかりと情報を伝える方が、成約につながりやすいです。

まとめると、SNS系は単調な作業でフォロワーを増やすことができて、拡散力もある。だけど、ニーズの濃い見込み客を集めるには困難。

ブログ系は、キーワードの選定をしっかりとしていれば、ニーズの濃い見込み客を集めることに適しているが、検索エンジンにおいて上位表示させる技術がいる。

逆算して考えると分かりやすいのですが、アフィリエイト報酬は広告の紹介料です。

この紹介料を受け取るには、広告を見たユーザーに特定の行動をしてもらわなければいけないです。

成果報酬型の広告であれば、商品の購入や資料請求です。クリック報酬型の場合であれば、クリックになります。

この行動をとってもらう為に、SNS系では攻めのアフィリエイトで見込み客にアプローチをし、ブログ系は待ちのアフィリエイトで見込み客へのアプローチをしていきます。

 

SNSとブログにおける報酬の質とその違い

「しばらく記事の更新をしていなかったのに、気づいたら報酬が発生していた。」

というのはブログアフィリエイトでは良く聞く話です。

それに対して、TwitterやFacebookを活用したアフィリエイトではこのようなことはないです。

というのも、TwitterやFacebookでは定期的に情報を発信し続けない限り、次々と流れてくるタイムラインによって、あなたの発信した情報が埋もれてしまうからです。

つまり、発信した情報の賞味期限がSNSとブログでは大きく違うのです。

ブログでは投稿した記事が、検索エンジンから評価を受ければ長期的に検索上位をキープし、多くの人の目に触れることができます。

アフィリエイトの最大の魅力は、「長期的に報酬を発生させることが可能」という部分にあるのではないでしょうか?

であれば、タイムラインによって情報が押し流されてしまうSNS系は、その真逆となってしまいます。

「いや、ツールなどを使って自動化すればいいじゃん」と考える人もいると思いますが、それはもう過去の話です。

SNSも日々進化しており、自動化ツールに対しての取り締まりを強化しています。

ブログアフィリエイトが再注目されているのも、SNSにおける取り締まりの強化も原因の一つです。

 

TwitterやFacebookはサブの媒体として使うと効果的

ここまでブログアフィリエイト寄りに話をしましたが、SNSもまだまだ使えます。

そう、何事も使い方次第。

正直、SNS系をメインの媒体として使うのは厳しいです。これは無料ブログも一緒です。
参考記事:無料ブログと有料ブログの違い

両者に共通するのは、運営側の方針に左右されてしまうことです。

レンタルサーバーを契約して独自ドメインを使う有料ブログは、あなたの財産となります。

これはレンタルサーバーの会社が倒産したとしても、ドメイン自体はあなた個人の財産になりますので、他のレンタルサーバーへ移設することができます。

しかし、TwitterやFacebookでアカウント凍結、もしくは削除となればそれまでの努力が水の泡にとなってしまいます。

ただ、TwitterやFacebookなどのSNSにおける拡散力と即効性は魅力的です。

ブログでUPした記事をSNSで拡散。このサイクルはもはや、「効率的にアクセスを集める為の鉄板」と、言ってもいいのではないでしょうか?

アカウント凍結や削除のリスクも少ないですし、拡散されれば検索エンジンからの評価も高まります。

ブログでアフィリエイトのメイン媒体を構築し、SNSをサブの媒体として使い、ネットへの露出を高める。

これからアフィリエイトを始める人は、この流れがオススメです。

 

まとめ

アフィリエイトの種類といっても色々あります。

そしてどのアフィリエイトにも共通して言えるのが、「放ったらかしでは稼げない」ということです。

ネット上では色んな情報が溢れているので、困惑するかもしれませんが、地に足をつけて稼いでいく決意があるのなら、ブログアフィリエイトから始めることをおすすめします。

もしあなたが今、どのアフィリエイトから始めればいいのか迷っているなら気軽にコメントください。

私で良ければ相談にのります。

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームよりご連絡ください

些細な事でも構いません。お気軽にご連絡ください。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

頂いたコメントは気づき次第、回答いたします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ